あらかわ整骨院

NEWS
お知らせ
2020.04.28コラム

第211回 臨時荒川コラム(スペアリブ)

 

昨日アップした、「秒速煮浸し」

 

「あぁ・・、こんな感じでアップして行くのね・・。」とお思いかと思います。

 

いやいや、今回は割と本気ですよ。

 

題して、

 

「男のBBQソーススペアリブ 〜グアム風〜」をお届け。

 

さて、テーマは、

男の→荒々しく豪快に、面倒な作業は極力カット。

BBQソース→ベットべトで行きましょう。食べる時指もベトベト。それがスペアリブ。

グアム風→大味がうまい。小細工なし。謎のスパイス感。

 

 

皆様スペアリブ『お醤油味』にしちゃってませんか??

 

 

軟弱!!!!!!!

 

 

元気出して、ベットベトのBBQソースでイキましょう!!!

 

パパ様必見では参ります。(お買い物はお一人で。)

 

 

 

・スペアリブ用意

本当はピアニカみたいな、あばら感剥き出しの物が欲しかったのですが、

今回はこちらの食べやすそうな物をチョイス。

ガッツに多めに行きましょう!!

 

男じゃけえ!!!!!1

 

 

 

・塩胡椒ガッチガチに行きましょう!!!

 

男じゃけえ!!!!!!1

 

 

 

通常、色々な物で付け込んだりするじゃ無いですか、きっと。

 

 

軟弱ッッッッ!!!!!

 

 

・ニンニク強火でいきなり焼いちゃいましょう!!!

 

(肝心の焼くところ撮影忘れ。ご愛敬。)

 

 

 

・圧力鍋お持ちの方は、圧力鍋推奨。なければ2~3時間ばかり弱火で煮ましょう。

 

今回は、

 

・ネギ頭

・ほんだし

・生姜(買い忘れたのでチューブ)

・ヤスハから以前もらった賞味期限微妙な、リンゴジュース

 

を投入。

 

圧力鍋無い方は、コーラなどの炭酸を入れちゃいましょう。

(やわらかくなる)

 

 

 

・全体的に狐色のスペアリブを圧力鍋に投入。

 

・そして、使用したフライパンに赤ワインを少量入れて、旨味圧力鍋に忘れずに。

 

 

・煮立たせて『アク』を3~4回すくって下さい。

全部すくい切らずに。

 

そう男らしく。

 

 

・臭みとりはネギ頭とコイツに一任しちゃいましょう。

 

ブーケガルニと言います。(パパはきっと初耳)

 

コイツ、100何十円かで買えます。

煮込み系に一個入れると超仕事します。オススメ。

 

 

 

・20。と表記されていますが、結局30分煮込みました。

 

圧力鍋が無い方はコトコトと。

 

 

 

はい、BBQソース。

 

この、優秀な調味料達を・・・・

 

 

がーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!っと、

 

フライパンに投入。

 

ベットベトに塗りたくりたいので多めに準備しましょう。

 

 

リンゴ酢がいい仕事します。

なければ、お酢と砂糖と何かしらの果実でOK。

 

 

 

コラムご覧の主婦の皆様、

 

え!?ジャムは??

焼肉のたれって・・!?

野菜の味は足さないの!!??

 

とお思いでしょう。

 

 

 

軟弱!!!!!

 

 

 

我々が考えるより、

ソース類、焼肉のたれ類には想像を遥かに超える具材が含まれているのです。

裏の表記をご覧いただくとお分かりのはず。そう、頼ってしまえばいいのです。

 

 

そうする事で使用する具材や少なくなり、コスパがグンと良くなります。

 

セレブな方は、高級蜂蜜や、有機野菜を一緒に煮込んで下さい。

 

でもきっと、こーゆー食べ物はジャンクな味の方が美味い気がします。

 

 

 

・さらに家にある調味料系を適当に入れましたら。

 

※スパイス類は難しい事考えずに、ガシガシ入れちゃいましょう。

 

今回は、

・ナツメグ

・オールスパイス

・パプリカパウダー

・胡椒類

 

を投入。そーゆー物を入れておけばグアム風になります。(僕が勝手に思っているだけです。)

 

 

・軽く汁気を取ったスペアリブに、ソースを塗りまして・・

(何度も言います、ベットベトに塗って下さい!!!)

 

 

塗る作業撮影忘れ・・。度々申し訳ない・・。

 

 

 

 

・190度20分くらい焼きます。

 

耐熱皿無ければフライパンのままでも。

 

 

この「焼く」作業。

この辺が男らしさの拘り。

 

面倒なんだか手抜きなんだか分からない具合が、

ジャンクな荒々しい味を生むのです。

 

 

・これもそう。クレソン。

 

蜂蜜買うのケチるくせに、飾りに使う物を買ってしまう。これが「男の」たる所以。

 

お肉系の時はコレがあるとテンション上がる。味も僕は好きです。

 

 

 

はい、完成。

 

ピーマンとパプリカを添えてグアム感アップ。

BBQソースを塗る際、骨にあまり付けないようにすると食べやすいです。

荒々しさの中にもホスピタリティ。

 

 

でもこの手の料理は、ベットベトになりながら食べて欲しいなぁ・・・。

 

 

 

スペアリブ料理で重要視される「骨離れ」はご覧の通り。

 

 

スパイスが効いてるもののリンゴ酢と『ふじ』のお陰で甘口でもある為、

ウチの5歳児と1歳児も問題なく食べる事が出来ました。

 

 

以上、今回は「男のBBQソーススペアリブ〜グアム風〜」でした。

 

質問は特設メールアドレスでも結構。

ご覧のパパ様、チャレンジどうでしょう??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

170 Views